免疫力アップで病気知らずの体|海藻やキノコの成分が効果的

万能なバナナ

シニア夫婦

朝にバナナを食べる

免疫力アップに良い食材の1つにバナナがあげられます。バナナは食物繊維が豊富で便秘を改善させる効果があるほか、一時期は朝にバナナを食べることでダイエット効果を出すことができるという話題が広まり、多くの人がバナナを買い求めバナナを買うことができなくなるほどスーパーなどで売り切れることがありました。今でも朝食にバナナを食べる人は多く、子供もおいしく味わうことができるフルーツなので手軽に栄養素を体に吸収させることができます。そのバナナも青いバナナや黄色いバナナ、そして少し茶色い斑点がついたバナナなどがありますが、免疫力アップに効果的なのは茶色い斑点のついたバナナが良いといわれています。そのほかバナナを焼くことでも免疫力アップにつなげる力を高める効果があるとも言われています。

バナナを食べる効果

なぜバナナを食べることで免疫力アップにつなげていくことができるのか、その理由はバナナには白血球の働きを活発化させる働きがあり、自然治癒の力を強くさせていきます。毎日1日に1本バナナを食べることで病気の予防をしていくことができます。そのほかバナナには抗酸化作用効果もあり、体の中の細胞をさびさせる活性酸素の増えすぎを抑制していきます。そのため活性酸素が分泌することで起こってしまう疲労を回復させていく効果や、細胞がさびることによって老化が進行するのを抑えるアンチエイジング効果も期待できます。白血球を活発化させ抗酸化作用効果を活かすことで病気に強くなり、毎日元気な体ですごしていくことができるようになります。