免疫力アップで病気知らずの体|海藻やキノコの成分が効果的

花粉症にヨーグルト

ストレッチ

乳酸菌を含むヨーグルト

健康は人間が持っている免疫力があるおかげで、維持することができています。反対に免疫力が全くなければ、数時間ですら生命を維持することは困難なのです。このように大切な免疫力ですから、さまざまな病気と関連しています。そのうち最近増加するようになっているのが、スギなどの花粉が抗原となる花粉症です。花粉症は確かに花粉が抗原ですが、誰でも発症する病気ではありません。そこで注目されるようになっているのが、免疫力アップができる食品を摂取することです。なかでも免疫力アップの効果が高いとされているのが、乳酸菌を含むヨーグルトです。乳酸菌は腸内細菌の一種で、腸内環境を良好にすることで免疫力アップができます。このようなことから花粉症に対して、ヨーグルトを摂取することが人気です。

食事の後半が効果的です

いっぽうヨーグルトに含まれる乳酸菌は、摂取の方法が問題になります。問題になる理由は、胃から分泌される胃酸が強力な作用を発揮するためです。乳酸菌が胃酸の影響を受けると、その作用によって死滅してしまいます。もちろん乳酸菌が死滅すると、摂取をしても免疫力アップには役立ちません。そのためヨーグルトを摂取する際には、胃酸の影響を少なくするようにしなければならないのです。その点で食物が胃の中に少ないときは、胃酸の濃度が濃い状態で消化されます。これに対して胃の中に食物が多いときは、胃酸の濃度が薄くなって消化されるのです。もちろん乳酸菌は、胃酸の濃度が薄いほど、死滅することなく胃を通過することができます。したがってヨーグルトは、食事の後半で摂取すると、免疫力アップで花粉症に効果を発揮し易いのです。